ついにパチ屋解禁

PR
この記事は約3分で読めます。
僕の住んでる地域では明日16日に殆どのお店が営業を再開するみたいです。
 
 
コロナ騒動でバッシングを食らった後での営業再開という事で、
開ける側も行く側もなんだかヒヤヒヤしてると思います。
 
 

こういう形で業界が露骨に世間体に晒される事は過去にあまり覚えが無い。

元々からグレーな業界故、
本当につつかれては面倒なポイント(賭博とか三点方式とかその辺。)
があるだけに、
裏からの圧力やなんやらかんやら都市伝説的な所まで思考が発展して妄想無双。
ワチャワチャしてまいます。
 
 
でもよく考えればわかるけど、
パチ屋は完全に槍玉に挙げられただけ。
だと思うんです。
 
 
アラフォースロッター界のカリスマアニかつ氏もリツイートされてましたが、
パチンコ業界への謝罪がNEWSになってました。
 
 
以下抜粋

4月24日に大阪府が行った新型インフル特措法に基づく施設名の開示以降、なぜか全国自治体によるパチンコ店のみを対象とした施設名の開示が続きましたが、上記で東京都医師会が訂正&謝罪をおこなっている様に全国パチンコ店において、これまでクラスターが発生したという事実は「ありません」。

それどころか、業界団体加盟率が他業界と比べると異常に高いパチンコ業界では、各都道府県の遊技組合を中心に加盟企業への自粛呼びかけが強力に行われており、業界誌調査ではゴールデンウィーク中の休業率は、調査対象8,300軒のうち8,196軒、98.7%(コロナ禍前から休業していた店舗、自粛要請の出てない地域の店舗等を除く)に及んでいるなどという調査結果も発表されていました。

業界単位でみた場合、この程までに高い休業率を達成している業は他産業にはほぼ存在しないどころか、多くの業界はこの様な産業内休業率すら集計されていない中で、公民束になってパチンコ店のみをターゲットとして糾を繰り返す様は「普段から気に入らなかった/以前から怪しいと思っていた」という理由だけで数万人の人間を文字通り「吊るし上げた」と言われる中世ヨーロッパにおける「魔女狩り」と同様の状態であると言って良いでしょう。

 

https://news.yahoo.co.jp/byline/takashikiso/20200514-00178516/ 

 

 
 
まさに完全に魔女狩り!!
イジメを無くそうとか言ってるけど、イジメってこういうのを言うんじゃないの。政府がお手本見せてんじゃん笑。
 
パチンコは、単純明快に、日本の娯楽、エンタメの内のひとつですよい。
早くパチンコ屋に活気が戻るといいなぁぁと思いました。
 
 
と、いうわけで!
 
明日から新ブログ『めっちゃ稼働するやん〜〜♪』をお送りします(謎
 
 
とりあえず明日はディスク打とう。それから考える。
 

 

稼働
PR
スロニートの墓

コメント

タイトルとURLをコピーしました